天井 | ceiling

先日、みなとみらいホールへ行ってきました。

音楽は詳しくありませんが、、

指揮者 小林研一郎氏による ドビュッシーやサン・サーンスの名曲を聴き、

今までに聴いた10回程の中で1番を体感してきました(^^♪

 


いつも席につくと会場の力を感じます。

演奏が始まると、指揮者・演奏者・音楽・会場の力が合わさって、圧倒的な場の力を感じます。

一人のため息さえ聞こえてしまう緊張感のある静けさから、一気に身体に沁みわたる様な豊かな響きへと、ここまで落差がある空間をはじめて体感しました。

人と会場の力が合わさった音楽の魅力を、いっぱいに感じてきました(^^♪♪

 

 
私たちが関わらせていただく ‘住宅’  ‘公共施設’ でも ‘‘人’’  が使ってこそ、場に力が生まれる様な空間を!と計画しています。

 
力のある空間創りに、天井の存在感を活かした例☆

岩田邸
~住宅/階段・エントランスホール/天窓を利用した光天井~

 

交流館 (1)
~歴史交流館/講談・舞台ホール~

 

子育て (1)
子育て (2)
~公共施設/上:多目的ホール、下:保育室~

 

音楽ホールとは粒の違う話でしたが(^^;

機能と意匠が一体でありながら、力のある空間創りをこれからも考えていきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です