リフォーム

〇 97歳おばあさんのための バリアフリーリフォーム

〇 水回り老朽化による 設備更新リフォーム

 

おばあさん(寝室2)が生活に不便さを感じ始め、バリアフリー改修を検討しました。

また、

●築40年の家。
●段差があちらこちらにあること。
●家族構成の変化により部屋ごとの使い方も変化したこと。
●設備(風呂・トイレ・洗面)の老朽化したこと。

まとめてリフォームをすることになりました。

 

1階(一部)平面図  リフォーム前

 

リフォーム後

おばあさんは寝室1に移り、フローリング(床暖房付)にし、ベッドを設置。
ご家族もスムーズな補助が出来る様、隣接して専用トイレを設けました。

廊下は段差解消し、行動範囲には手摺を設置しました。

その後は、快適に過ごしていただけました。

 

* * * * *

《バリアフリーリフォーム 補助金制度》

バリアフリーリフォームは、

ご紹介したトイレ・浴室の改良床材改良(滑りにくい材料)、手すり取付の他、

通路拡幅階段勾配緩和出入口の戸の改良などの工事に対して補助制度があります。

 

『バリアフリーリフォーム改修促進税制』(国土交通省)

各市町村により条件など含め紹介されています、ご確認下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です